両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

両立支援等助成金・育児休業等支援コースとは?

両立支援等助成金・育児休業等支援コースとは中小企業のみが対象で、育児復帰支援プランを作成し、プランにそって労働者(雇用保険被保険者)に育児休業を取得・職場復帰させた会社に支給されるものです。

これは出産・育児による労働者の離職を防止しようという狙いがあります。

こんな悩みをもつ経営者様にオススメ!

・ 若い子育て世代の支援に取り組み、魅力ある会社にしたい

・ 育児休業による、今後の業務見通しや離職率を下げたい

育児休業等支援コース の受給額

育児休暇取得・職場復帰の場合

育休復帰支援プランに沿って、育児休業を取得・職場復帰をさた時に支給される金額です。

育休取得時  28万5000円<36万円>
職場復帰時 28万5000円<36万円>
育休取得者の職場支援をした場合  19万円<24万円> ※「職場復帰時」に加算

※<>内は生産性要件を満たした場合の額
※1事業主あたり2人まで(無期労働者1人、有期労働者1人)

代替要員確保の場合

育児休業取得者の代替要員を確保し、育休取得者を原職等に復帰させた時に支給される金額です。

代替要員確保時  1人あたり47万5000円<60万円>
対象の育休取得者が有期契約労働者の場合  1人あたり9.5万円<12万円>

※<>内は生産性要件を満たした場合の額
※1年度につき1事業主あたり10人まで(支給対象期間:5年間)

主な受給要件

A 育休取得時

・ 休業までの働き方や引き継ぎのスケジュール、復帰後の働き方等について、上司または人事担当者と面談を実施し結果を記録すること
・ 「育休復帰支援プラン」を作成すること
・ 「育休復帰支援プラン」に基づき、対象者の育児休業(産前・産後休業から引き続き育児休業を取得する場合は産前休業)開始日までに業務の引き継ぎを実施すること
・ 対象者に、3ヶ月以上の育児休業を取得させること
  (産後休業を取得する場合は産後休業を含めて3ヶ月以上)

育休復帰支援プランについて

育休復帰支援プランは「育休復帰支援プラン策定マニュアル」を参考に作成してください。
⇒ マニュアルは厚生労働省HPに掲載しています。
※プランの作成にあたっては、あらかじめ「労働者の円滑な育児休業の取得、職場復帰について、育休復帰支援プランにより支援する措置を実施すること」を就業規則等に明文化し、周知することが必要です。

B 職場復帰時

・ 育児休業中に育休復帰支援プランに基づき、職場の情報・資料の提供を実施すること
・ 対象者の職場復帰前と職場復帰後に、上司または人事担当者が面談を実施し、結果を記録すること
・ 原則として原職等に復帰させ、さらに6ヶ月以上継続雇用すること

支給までの流れ

1. 育休復帰支援プランの作成と提出
2. 就業規則を育休復帰支援プランに基づき規定
3. 育児休業の取得および職場復帰
4. 支給申請
5. 審査後、支給決定

申請方法

助成金支給までの詳しい流れと申請方法は、厚生労働省のHPに最新の記載がありますので、そちらを参考にするか、弊社の無料相談をご活用下さい。

厚生労働省HP

助成金の申請は、専門的用語の多い資料を読み解き、その上で資料を集め作成するので、手続きに慣れていないと、膨大な時間と手間がかかります。
そのため、ご自身で助成金を活用しようと思っても、申請すらできず諦めてしまう方が多いのです。

両立支援等助成金・育児休業等支援コースについて知りたいことや気になる事があれば、無料相談を実施しておりますので、一度社会保険労務士法人 本多社労士事務所までお気軽にご連絡ください。

御社に寄り添った「おせっかい」なアドバイスをさせて頂きます。